内定式&社員総会

IMG_3638.JPGのサムネイル画像

昨日は弊社の内定式&社員総会でした。全社員と内定学生10名が参加しました。通常、他の会社の内定式には内定学生の他には役員や人事と一部の幹部社員のみ参加する企業がほとんどだと思いますが、弊社では全社員が参加して迎え入れます。(というか、内定式と社員総会がセットになっています)そして、内定学生にも社員総会や懇親パーティにも参加してもらい、人事や幹部社員だけでは伝わりにくい会社の社風や雰囲気を肌で感じてもらいます。昨日は緊張した面持ちでしたが、来春には元気な姿で入社してくれると思います。

IMG_3637.JPGのサムネイル画像

 社員総会では毎回、外部講師による講演会を行っています。今回は株式会社チャックスファミリーの高坂麻紀様に「ディズニー本気のおもてなしとチーム力」と題して、講演していただきました。ディズニーランドはここ数年毎年のように値上げしていますが、集客力が全く衰えていません。その理由は、アトラクションなどのハード面も魅力的なのですが、それ以上にそこで働くキャストが素晴らしく、そのおもてなし力に感動してリピーターとなっているファンが多いからだということが分かりました。東日本大震災のときに、キャストが取った対応が素晴らしかったと評判になったことがありました。そんな具体的な事例のひとつひとつに、理念や行動基準に沿って自ら考え実行することができるキャストの存在がありました。弊社も企業理念に沿って、一人一人が会社の代表としてお客様に接し、自ら判断し行動できる社員の集合体でありたいと思います。

 講演の最後に「夢を現実にするのは『人』である」というウォルト・ディズニーの言葉を紹介してくれました。まさに、企業は人なりです。これからもますます切磋琢磨して、IGというフィールドからたくさんの人材を輩出していきたいと思います。

失敗こそ成長の糧

今日から8月に入りました。本社のある浜松は日照時間が長いことで全国的にも有名ですが、今年も雨が少なく晴れの日が続いています。

さて、先週は新卒1~2年生を対象にしたフォロー合宿研修に一部参加してきました。1年生はまだ入社4か月なので、どこかまだ初々しい。2年生は後輩を意識してか、だいぶしっかりしてました。去年の今頃はどこかたよりなさげだったところもありましたが、今年は、態度や発言内容にも自信が宿ってきたように見えました。現場で日々お客様や取引先、先輩にもまれてたくましくなってきたのかと思います。こうして、社員の成長を感じるときが最もうれしい瞬間です。

若い社員にはとにかく、若いうちにたくさん失敗しなさいと言っています。失敗すると当然のことながら、叱られたりへこんだりしますが、実は成功体験よりも失敗の体験のほうが貴重な経験となって脳にインプットされ、それが仕事の土台を築いていくことにつながります。私も若い頃にいろなんな失敗をしたことを思い出して周囲に話をしたりします。成功談はどこか自慢話っぽくて嫌味ですが、失敗談は聞いてるほうも面白いですし、教訓にもなりますよね。年を取ると、若いうちの失敗をネタにして話をできるようになります。失敗の体験こそが経験となり、成長の糧となり、人生の血肉となります。

一方で、失敗したくてもできないときがあります。それはどんなときでしょうか?

答えは行動しないときです。行動しなければ当然失敗もありません。ですから、たくさん失敗しようと思ったら、たくさん行動しないといけません。「やるかやらないか」と迷ったときは、初めから「やる!」と決めておくとよいと思います。若いメンバーに限った話ではありません。年齢にかかわらず自分自身の安心領域から脱出して新しいチャレンジをどんどん増やして行きましょう!

熊本地震災害ボランティア派遣終了しました

5月、6月と2か月間に渡って取り組んできた熊本地震災害ボランティアも、先週の第7陣にて一旦終了しました。1週間交代で6名ずつ現地で家屋の解体や片づけ、がれきの運搬撤去作業、避難所への物資搬送等を行いました。中には、集中豪雨被害の真っただ中に現地に赴き、ボランティア活動に参加したくても、なかなか活動に参加できなかったメンバーもいました。梅雨時で作業しづらかったとは思いますが、一刻も早く片づけをしたかった現地の方々のお役には立てたのではないかと思います。私たちの力は本当に微力だとは思いますが、義援金の寄付だけでなく、直接的な支援活動に取り組めたことは大きな意義があったと思います。

ボランティアに参加したメンバーは、現地で直接、被災地の現実を見、被災者の生の声を聞いて、「家」を失うとはどういうことなのか、を考えさせられたのではないかと思います。本来、住宅は家族にとって、最も安心安全の場であるべきはずです。なのに、地震災害によって、一瞬で財産や家具を失うだけでなく、生命も危険にさらされてしまう。さらに、そこで育んできた思い出までも失ってしまうのです。

私たちは住宅の建築やメンテナンスの仕事を生業としている以上、家族の生命財産をしっかりと守れる住まいを提供していかなくてはと思います。また、日本は地震大国と言われます。日本全国、「絶対安全な場所」はありません。地震災害に遭う可能性がある以上、ハード面、ソフト面の両面でしっかりとした備えをしていかなくては、という使命感を改めて感じました。

熊本地震災害ボランティアレポート

熊本地震ボランティア

熊本地震から2か月が経過しました。徐々に報道の量も減ってきたように感じます。

弊社では5月の1か月間、「熊本応援プロジェクト」と銘打って、売上金の一部を熊本地震の義援金とする活動を行ってきました。こちらは社員の皆の頑張りもあって、目標の100万円を上回る110万円を集めることができました。ご協力いただきましたお客様に感謝申し上げます。

6月からは人的支援を開始しました。6月6日から第1陣が6名、6月13日から第2陣が6名、熊本県の益城町にてボランティア活動に従事しました。これから1週間交代で第7陣まで、合計42名の社員が参加する予定です。皆、自分から手を挙げての有志参加です。

第1陣、第2陣で参加したメンバーの話を聞きました。TV画面を通したニュース映像で見るよりも、実際に足を運んで見た風景に愕然としたそうです。そして、少しでも被災地の皆さんのお役に立ちたい一心でボランティア活動に従事したとのこと。何より、被災された皆さんやボランティアに従事されている方々とのふれあいを通じて、私たち自身が教えられたり、励まされたり、勇気づけられたそうです。なんだか、一回りも二回りも成長したようで頼もしくなります。ボランティアに参加したメンバーは職場に戻って、きっとよい影響を与えてくれるだろうと思います。

「義を見てせざるは勇無きなり」

これからも微力ながら社として支援活動を継続していきたいと思います。

熊本地震ボランティア報告

これまでの災害ボランティアレポート

ゴミゼロプラス活動

今日は5月30日ということで、530(ゴミゼロ)の日です。当社では毎月ゼロのつく日(10日、20日、30日)に地域の清掃活動を行っています。中でも、5月30日の「ゴミゼロの日」と10月20日の「リサイクルの日」にはゴミゼロプラス活動として、普段のエリアや時間を拡大して清掃活動を行っています。

5月30日前後にアイジー全店をあげてゴミ拾いを行います。今朝はあいにくの雨模様でしたが、浜松本社と浜松支店の合同ゴミ拾いは27日に中田島の海岸清掃を実施しました。朝から暑い日でしたが、たくさんのゴミを拾っていい汗をかきました。何事も継続が大事。これからもコツコツと実践していきます。

IMG_3410.JPG

IMG_3406.JPG

DSC_2550.JPG

.


2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のエントリー

過去の記事

プロフィール

佐藤 吉文

1967年生まれ。浜松市中区在住。静岡県浜松市に本拠を置く(株)アイジーコンサルティングの常務取締役。耐震事業の立ち上げ、リフォーム事業の統括を経て、現在は、常務取締役(総務人事企画部、法人営業部担当)を務める。

座右の銘は『幸せはいつも自分のこころが決める』
2児の父。てんびん座のO型。
趣味:読書(ビジネス書&村上春樹など)、マラソン、落語を聴くこと。

スタッフブログ

関連リンク


株式会社アイジーコンサルティング(住宅メンテナンス・シロアリ防除・耐震・リフォーム・新築)

【浜松本社】
〒430-0906 静岡県浜松市中区住吉4-9-5 [MAP]
[電話] 053-473-8230 [FAX] 053-476-7474 [E-Mail] about@ig-consulting.co.jp
【営業所・ショールーム】
横浜支店 / 静岡店 / 沼津店 / 掛川店 / 磐田支店 / イオン浜松市野店 / 浜松支店
豊橋店 / 岡崎店 / 名古屋南店 / 名古屋支店 / 春日井店 / 岐阜支店

住宅メンテナンス / 白蟻駆除 / 耐震 / リフォーム / 新築一戸建て / ビルダーサポート