ジャンピングスパイダー

こんにちは、アフターサービス課の池田です。

IMGP8104.JPG

こちらは、ハエトリグモというクモです。

英名はジャンピングスパイダーと呼ばれています。

家の中でもよく見かけるクモで、ピョンピョンと跳ねる姿が特徴です。

日本で生息しているハエトリグモは約180種類、世界では約4000種類いるそうです。

写真ではわかり辛いですが、目が大きく発達して、前列に4つの目がついています。

江戸時代には、ハエトリグモを「座敷鷹」と呼んで、ハエを捕らせる遊びが流行ったそうです。

座敷鷹が娯楽として定着するにつれて、クモを売る商売やクモを飼うための蒔絵を施した印籠型の容器なども当時は売られていたそうです。

強いクモは非常に高価で、当時の江戸時代の町人の平均月収に相当するものだったそうです。

一説によると、賭博禁止令の対象になるほどだったそうで、自然とこの遊びもなくなってしまいました。

現在でも見た目の可愛らしさから飼う人がいるようですが、江戸時代からすでに飼う習慣が根付いていたようです。

■ 当社HPはこちらからご覧ください ■

  common10.gif

ヤモリ

こんにちは。

岐阜支店の粟野です。

先日の工事でヤモリを見つけたので、今回はヤモリのお話です。

ヤモリ.JPG

本来なら、灰色がヤモリの基本の色とされていますが、

このヤモリは写真を撮る前まで黒い石の上にいたので、色が黒になっています。

このように変色することによって、敵に気づかれにくくしています。

もしかすると、あなたの近くにも変色したヤモリがいるかもしれません。

その時はそっと逃がしてあげてくださいね。

■ 当社HPはこちらからご覧ください ■

  common10.gif

■ しろあり防除工事について詳しくはこちらから ■

  img_main05.jpg

隠れ上手

こんにちは。

横浜支店

アフターサービス課の宮川です。

朝が寒いですね。

布団から出るのが辛くなってきました。。

寝坊しないよう気を付けないといけませんね。

さて、本題です。
先日、施工でお伺いしたお宅で家の外回りを確認していると

IMGP5225.JPG

中央に何かいる?

よく見ると

IMGP5228.JPG

カエルでした!

自分の体の模様にあった場所で活動するという
天敵に備えての自然界の進化は凄いと改めて感じさせられました。

今年で118年、住宅の事なら私達にお任せあれ ↓                  

  ↓あ.gif

>

床下の出会い

こんにちは。アフターサービス課の伊郷です。

床下は多くの虫が入ってしまう場所です。

RIMG7111.JPG

蜘蛛や

RIMG6782.JPG

ムカデ

そのほか、ダンゴ虫、カマドウマ、ゴキブリ・・・

できれば会いたくない虫たちがどこからともなく床下に進入しています。

これらの虫は床下にいる分には悪さはしません。

但しムカデは床上に上がってくると人間を噛み、

アナフィラキシーショックの可能性もあるため注意が必要です。

床下にいると厄介なのはシロアリです。

気付かないうちに家をボロボロにします。

そうならないように定期的な点検と予防処理が必要となります。

おまけ

RIMG4996.JPG

床下での珍しい出会い

カニです。

本当にどこから入ったのでしょうね。笑

メンテナンス.JPG

ヤモリの足の裏

こんにちは

名古屋南店アフターサービス課のシロアリ防除士の高木です

11月も後半に差し掛かり、今年も残すところあとわずかです

年末に向けてやり残したことがないか確認していこうと思います

今日の話はヤモリについてです

ヤモリは床下で出遭うことも多く

何度も記事になっていると思いますので

今までなかったであろうより専門的な内容にしたいと思います

RIMG3778.JPG

ヤモリは壁を登るのが得意です

ツルツルとした垂直な壁も簡単に登っていきます

壁を登ることが得意な生き物たちは

足の先からの分泌液で壁に張り付いたり

足の裏の小さなトゲや毛を引っ掛けて壁登りを可能にしています

ヤモリも言ってしまえば足の裏の毛を使って

壁に張り付いているのですが

そのメカニズムはとても複雑なのです

ヤモリの足の裏と壁との間にはファンデルワース力という力が働いています

簡単にいうと原子と原子がある条件で引き合うとても小さな力です

ヤモリはその足の裏の微細な毛の特殊な構造によってこの力を操り

壁を自由自在に這いまわっているのです

そして壁から足を離すときは足の裏の毛の角度を変えて

張り付く力をoffにしているのだと考えられています

身近な生き物の何気ない動作にも

まだ解明されていない不思議な力が働いていたりします

RIMG3789.JPG

なぜ壁を這うことができるのか

なぜ飛ぶことができるのか

なぜ体の色を変えることができるのか

そんな子供のような疑問から

人類の暮らしを大きく変えるような発見がされているのですね

今年で118年、住宅の事なら私達にお任せあれ ↓                  

  ↓あ.gif

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プロフィール

技術メンバー

「お客様のお家をシロアリから守るため、暑い日も寒い日も日々奮闘しています。お客様が安心して生活して戴けるように施工させていただいていますので、よろしくお願い致します。」

最近のエントリー

過去の記事

コメント

トラックバック

スタッフブログ


株式会社アイジーコンサルティング(住宅メンテナンス・シロアリ防除・耐震・リフォーム・新築)

【浜松本社】
〒430-0906 静岡県浜松市中区住吉4-9-5 [MAP]
[電話] 053-473-8230 [FAX] 053-476-7474 [E-Mail] about@ig-consulting.co.jp
【営業所・ショールーム】
横浜支店 / 静岡店 / 沼津店 / 掛川店 / 磐田支店 / イオン浜松市野店 / 浜松支店
豊橋店 / 岡崎店 / 名古屋南店 / 名古屋支店 / 春日井店 / 岐阜支店

インスペクション / 住宅メンテナンス / 外壁 / シロアリ / 耐震