秘密兵器

こんにちは。静岡店 橋本です。

昨日は「バレンタイン」でしたねぇ...。

うちに帰ったら娘と嫁から「チョコブラウニー」をもらいました。

IMG_3059.JPG

体の事も少し気にかけて、糖分と脂肪分(バター)少な目。

いつも、ありがとう!

娘いわく「ちゃんと、本命にはバターしっかり入れたヤツをあげた」との事。

「あ、そうですかー」

で、今日の写真です。

IMG_1873.JPG

玄関のポーチ屋根の写真です。

何かくっついているのが解りますか?

これ、先端に磁石のついた「ピックアップツール」という道具です。

本来は、隙間に落ちた釘やビスなどを拾う為のものです。

実は、外壁塗装などの現地調査の際の「秘密兵器」です。

屋根や庇の板金にはいろいろな材質が使われています。

アルミ、トタン、銅、ガルバリウム・・・

素材によっては、塗装できないものや別途に下地処が必要なものなどがあり、

何でできているかの判別は結構重要な作業です。

その時に磁石がくっつくかどうかも参考にして判断するんです。

それだけで判断ができるものではないですが、手の届かない場所ではものすごく役に立ちます。

しっかりした施工には、しっかりした調査が必要です

色々工夫してやってます。

また、こんなことしてます!的なことがあればご紹介します。

屋根(スレート瓦)

こんにちは。

横浜支店田中です。

ここ最近、寒いですね。雪も降りました。

来週辺りから、春の陽気になるということで、春が待ち遠しいです。

春は塗装シーズンです。気候が安定し、工期も伸びにくいです。

皆さん、屋根確認はしていますか?

IMG_1735.JPG

スレートです。

こ、これは・・・大変です。かなり割れています。

IMG_1737.JPG

スレート瓦は、暑さが5ミリほど、表面の防水性能が落ちますと水を吸って、

強度が低下してしまいます。

皆さん、こうなる前に塗装をして、葺き替えということにならないようにしましょう!

まず確認から

アイジー 塗装 で検索!!

外装劣化診断

こんにちは、本日担当します横浜支店の村橋です。

今日も気温低く雪がちらつきました、インフルエンザもまだ流行しており皆さま体調には十分お気を付け下さい。

本日は、先日訪問しました築12年の家の外装劣化診断のご報告をいたします。 

屋根はスレート瓦と呼ばれますセメント85%、木質繊維などパルプ15%を混合圧縮焼成してつくられている材料です。

基材表面に樹脂系の塗装をし、防水性能を持たせ木造住宅を雨から守ります。

しかし、紫外線を長くうけ続けることにより表面塗膜が劣化し、防水性が低下し反り浮き、割れなど雨漏れの原因につながる

可能性もあります。

111.JPG

屋根トップの換気塔脇のスレート瓦に1か所ひび割れが発生しています。こちらは、塗膜の経年劣化ではなく建物の挙動により発生したものかと

思われます。いずれにしても、雨水の進入による雨漏れの原因につながる可能性もあります。

早期の補修メンテナンスが必要です。

222.JPG

こちらは、屋根の破風板の塗装が剥離してケイカル版の基材が露出しています。

また、破風板のジョイント部分の開きがみられ、雨水の進入による劣化の原因にもなります。

隙間はシーリングで充填しうえから塗装が必要です。

3333.JPG

外壁は、モルタルの壁ですが、こちらも指で擦ると外壁の色が指につくチョーキング現象が見られます。

美観と防水性を蘇生する為に、高圧洗浄と入念な下地処理を行い、外壁塗装が必要な状況です。

4444.JPG

雨樋などの塩化ビニール樹脂も紫外線により、経年劣化が進み基材強度低下の原因になります。

こちらも、基材保護の目的で塗装が必要です。

このように築10年経過しますと外装材の経年劣化が見られます、木造住宅を雨や紫外線から守り長持ちさせるうえでは、メンテナンスが

必要です。

皆さまのお家は大丈夫でしょうか?

大切なお家の定期メンテナンスは、アイジーコンサルティングにお任せください!

こんばんは!!

埼玉県内中心に住宅点検やメンテナンスをご案内しています渡邉です。

先日は埼玉県内も少しですが雪が降りました

細部までチェック

寒い日が続きますね。

尾張・岐阜エリア担当の桑原です。


正直寒かったですが、先日外壁調査をさせていただお宅で

見つけた外壁の劣化や損傷です。

IMGP1742-thumb-300x225-39499.jpg

IMGP1746-thumb-300x225-39502.jpg

こういったデザイン系のサイディングだと塗装の一番の

劣化症状でもあるチョーキングもありませんし、見た目に

あまり劣化などの症状がわかりにくいです。

しかしよくみるとこういった損傷や亀裂が多くの箇所で見られます。

このまま気づかないでいると外壁材の劣化が進みや亀裂からの

雨水が侵入するなどお家そのものが大きく傷みます。

なんでもそうですが、あまりにも劣化が進んでしまっている

ものを補修しても、そこまで劣化していないものに比べると

仕上がりや使用年数、費用も変わってきます。

メンテナンスには目安の年数があります。

目安の年数がわかっているということはその時にかならず現状の

確認をする必要があります。

なので「大丈夫!問題ない!」ということは一度確認をしたうえで

判断をお勧めします。

現状の確認はプロに任せることが賢明です。

もし気になりましたら私達に相談ください。

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

プロフィール

 ■関東地区

syun.jpg

渡邉 俊
担当エリア:埼玉県・千葉県
お客様へのメッセージ:大切なお家を維持していく為に、精一杯お手伝いをさせて頂きます。住宅の外装メンテナンスはお任せください!!

murahsai.jpg

村橋 重嘉
担当エリア:神奈川県西部・西東京
お客様へのメッセージ:皆さまの大切なお家=資産を、永く大切にお使いいただくためのお手伝いをさせて頂いております。住宅は見えないところで、劣化が進み寿命も短くなることも有ります。 皆さまの大切な住宅を、地域に密着したサービスでしっかりサポートさせて頂きます。どうぞ宜しくお願いいたします。

keisuke.jpg

田中 圭介
担当エリア:神奈川県
お客様へのメッセージ:雨漏れを未然に防ぐことが私たちの使命だと考えておりますので、一生懸命思いを伝えます。


 ■静岡県東部・中部地区

hashimoto.jpg

橋本 智之
担当エリア:静岡県中部
お客様へのメッセージ:大事な建物を守り、大切なご家族を守るお手伝いが出来れば幸いです。何でも聞いて下さい!

koheita.jpg

山本 康平汰
担当エリア:静岡県東部
お客様へのメッセージ:『建物を水の侵入から守る。』事を通して、安心してくらせる住まいを提案、提供させて頂きます。静岡東部の皆様、点検にお伺いした際は宜しくお願い致します。


 ■静岡県西部

tomomichi.jpg

渡邉 友道
担当エリア:静岡県西部
お客様へのメッセージ:家は財産です。綺麗に維持すると長持ちします。計画的にメンテナンス出来る様にご相談させて頂きます。

yamayuu.jpg

山田 祐大
担当エリア:静岡県西部
お客様へのメッセージ:お客様へのメッセージ:お客様により良いご提案をさせて頂きます。住宅メンテナンスの事でしたらなんでもご相談下さい。

togashi.jpg

富樫 陽暉
担当エリア:静岡県西部
お客様へのメッセージ:お家を維持するうえで最良のご案内、そして理想・ご要望に近い御提案をできるように一生懸命頑張ります。よろしくお願い致します。

okamoto.jpg

岡本 克彦
担当エリア:静岡県西部
お客様へのメッセージ:人の健康と同じく、住宅も悪くなる前に適切なメンテナンスを行うことで健全な状態を維持できます。私たち点検員がホームドクターとしてお客様のお住まいを診断し、アドバイスをいたしますのでご安心ください!


 ■愛知県東部

kuroyanagi.jpg

畔柳 直幸
担当エリア:三河地区(岡崎市とその周辺都市)
お客様へのメッセージ:下地処理からの丁寧な施工と保証を付け、 アフター点検でながーいお付き合いをさせて頂きます。


 ■愛知県西部・岐阜県

kyohei.jpg

山田 京平
担当エリア:名古屋市西部・尾張西部・三重県
お客様へのメッセージ:雨漏りとシロアリの被害は、住宅にとって大きなダメージを与えてしまうことになりますので、私たち診断員が劣化箇所はもちろん、今後劣化の可能性がある箇所も、細かく丁寧にアドバイスを致します。

kuwabara.jpg

桑原 一寿
担当エリア:岐阜県西濃地区・愛知県一宮市・稲沢市・江南市・岩倉市・丹羽郡
お客様へのメッセージ:塗装工事の品質は工事後経過して、良し悪しに気づく事が多くあります。最良の品質の実践はもちろん、工事後のアフターメンテナンスまで責任を  持って担当させて頂きます。


最近のエントリー

過去の記事

コメント

トラックバック

スタッフブログ