窓 断熱改修

こんにちは。静岡県西部地区住宅メンテナンス担当の渡邊です。

今回は、夏と冬の時期に家の中で快適に過ごす事が出来るリフォームについてです。

それは、家の中の断熱レベルを上げる事。

では、家の外からの熱はどこから来るのでしょう?また、どこから逃げるのでしょう?

答えは簡単、外に面している部分からです。

屋根や外壁、窓などから来ます。また、室内の熱が逃げるところも同じです。

しかし、その素材や厚さなどから熱の入り方や逃げ方が違います。

つまり、その断熱レベルの低い物から改善してあげると効果はわかりやすく変化します。

そして、その一番わかりやすい物は、窓です。

しかし、窓そのものを交換する場合には、外壁や内装のリフォームが必要になり高額になってしまいます。

でも、そこまでの費用をかけれないからとあきらめる必要はありません。

今は、内窓を取り付けたり、サッシを交換せずにガラスだけをペアガラスにする方法もあります。

RIMG1807_400.jpg

(2重サッシ取り付け例1 引き違い窓)

RIMG1787_400.jpg

(2重サッシ取り付け例2 ルーバータイプの窓)

RIMG1805_400.jpg

(ペアガラスに交換、見た目の変化はほぼ無し)

使いがってや費用面から取り付け方法を選択するのもありだと思います。

普段、長く過ごすお部屋から工事してみるのも良いでしょう。

当社ホームページはこちらへ

大事な空間

こんにちは!アイジーコンサルティング沼津店山本です。
静岡東部で住宅の定期点検にお伺いしております。

本日紹介するアイテムはこちら

IMGP2833.JPG

~タスペーサー~
タスペーサとは、屋根施工時『縁切り』に使われる機材です。
主にコロニアル屋根・カラーベスト屋根に用いられます。

こんな感じで屋根と屋根の間に差し込み空間を作ります。

IMG_0010.JPG

なぜこのような空間が必要なのか・・・
屋根同士が接着されている状態ですと、屋根に滞留した雨水が
『毛細管現象』
・・・ティッシュが水を吸い上げる現象
により、屋根の隙間に水が逆流してしまい、屋根内部に水が入り込んでしまいます。

そこで、このタスペーサーにより隙間を作る事によって、水の逆流が解消し、水はけのよい
屋根が仕上がります。
ただのプラスチックなんですが
かなり!優れものなんです。

縁切りされてない物件などはこの縁切り作業を行います。

ただ塗装して見た目が綺麗になれば良い
という訳ではありません。

重要なのは
『建物内部の構造材を水の侵入から防ぐこと!』
住んでいる方が長期的に安心して暮らせるような点検提案&施工を心がけています。

住宅に関して気になる点、お困りの事ありましたら是非ご連絡下さい。

ALC

こんにちは。

静岡県中部地区担当の橋本です。

なかなか・・・暑いです。

日差しは和らいだ気がしますが、蒸し暑さ加減が増しているような気がします。

こんな時でも・・・  色々なお宅の調査に駆け回ってます。

さて、今日は 「材質」 のお話。

外壁のお手入れは、材質によって変わります。

今、一番多いのは・・・ 「窯業系サイディング」 です。

が、この外壁に関してはこのブログで幾度も取り上げているので、今日は別のにしましょう。

IMG_1248.JPG

・・・分かりにくいですが・・・・

この外壁材は 「ALC」 と言います。

耐火性に非常に優れるのが最大の特徴です。

表側にバーナーで火を当てても、裏側は素手で触れるほど。

火災には非常に安心な外壁材です。

多孔質の材料で無機質の外壁材としては単位当たりの重量も軽いことが知られています。

が、内側から見てみると・・・

IMG_0955.JPG

柱などに直接貼り付けられています。

通常、下に貼ってある「防水シート」がありません。

この外壁材のもう一つの特徴は・・・

「水を吸う」 事です。

IMG_1247.JPG

なので、表面は塗膜で、材と材の継ぎ目は防水コーキングで水の浸入を防いでいます。

つまり、写真のように・・・

**塗膜が劣化したり、防水コーキングが割れてきたりすることが、雨漏りに直結する**

という事なのです!!

このALC、中には防水シートがちゃんと施工されているお宅もありますが、平成一桁年ぐらいの木造住宅では

写真のように直接張ってあるお宅がほとんど・・・。

ALCのお宅の場合、定期的に外壁の状態を見ていくことが大切です。

ご心配な方・・・ ご一報ください。

コケの発生から

横浜支店田中です。

「コケが気になる」
IMGP8919_400.jpg

そんなお客様からの問い合わせがありました。


確かに白い壁にコケが発生すると気になりますよね。


塗装の前には必ず洗浄を行うので、大方コケは取ることが出来ます。
(取れない場合もあります)


私はコケよりも
IMGP8915_400.jpg

こちらが気になります。

見る角度を変えると
IMGP8914_400.jpg

若干反ってきている・・・・??


外壁南面のシーリングの経年劣化から水が入っていると思われます。


サイディングボードは乾燥と保湿を繰り返すと、だんだん反っていきます。


大きく反ってしまった場合、ボードを張り替える必要も出てくることがあります。


そうなる前に塗装、シーリングの打ち替えをしたいですね。


コケがキッカケで、もっと大事なことも気づくことが出来て、よかったです。


皆さんも、ご自宅の外壁を見てみて下さいね!!


横浜ブログ
ちょっとでも あれ?とおもったらiGにお任せください!

*------------------------------------------------------------------*

住宅のメンテナンス、床下点検のご依頼は我々にお任せください!

free1.jpg
1mail.jpg

当社アイジーコンサルティングのホームページはこちら
logo1.jpg

塗装工事完了

こんにちは、厚木店の村橋です。

雨が続いていますね、今日久しぶりに雨はなくやや日がさしてきて少し気温も上がりそうですね。

本日は、先日塗装工事が完了いたしましたお家のご報告を致します!

築11年で、屋根は陶器瓦、外壁は窯業系サイディングボードです。

窯業系サイディングボードはセメント系の素材で、表面の塗装が経年劣化で色褪せ防水性も衰えてくる

ころがちょうど10年経過あたりからが一般的です。

また、外壁材の材料継ぎ目のシーリング材も、可塑剤と呼ばれます添加剤が紫外線により気化し、抜けてきますと

硬化しひび割れや剥がれなどの劣化にもつながってきます。

IMGP0559.JPG

画像は屋根材の陶器瓦です、高圧洗浄を行い、ほぼ新築時と変わらず経年劣化も見られません。

こちらは、今回メンテナンスの必要はありませんね。

IMGP0613.JPG

外壁塗装は、弊社のピュワアクリル遮熱防水防カビ塗料で、この塗料の最大の特徴は非常に弾性の高い事です。

600%の弾性性能を誇り、外壁材表面を覆うことにより、基材のひび割れに追髄しひび割れを表面化させず

高い防水性を維持します。

期待耐用年数15~20年、弊社の塗膜保証10年を出している塗料です。

IMGP0570.JPG

塗膜表面に触れますとややしっとりしたモチモチ感があります。完全乾燥後もこの感触は残ります、

いわゆる弾性性能の為ともいえます。

木造住宅を永く住まい続けるうえで、お水の進入が最も住宅寿命を短くする原因となります。

いかに、防水性を高く、永く維持するかが、外壁塗装のメンテナンスでは重要になってきます。

皆さまのお家は、築何年でしょうか? 

屋根外壁の状態は問題ないでしょうか?

まずは一度、屋根外壁などお家の外装の現状の確認をおすすめいたします。

皆さまの大切なお住まいの、定期検査やメンテナンスは、是非アイジーコンサルティングにお任せください!

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

プロフィール

 ■関東地区

syun.jpg

渡邉 俊
担当エリア:埼玉県・千葉県
お客様へのメッセージ:大切なお家を維持していく為に、精一杯お手伝いをさせて頂きます。住宅の外装メンテナンスはお任せください!!

shigeta.jpg

重田 波宏
担当エリア:神奈川県
お客様へのメッセージ:趣味は釣りです。茅ケ崎の海岸でルアー釣りを楽しんでいます。一児の父です。職人、現場監督、診断士、一丸となって、徹底したこだわりの塗装を行っており ます。最新の特殊塗料の施工から、シリコン塗料まで、最適な提案と完全な施工を行います。よろしくお願いします。

murahsai.jpg

村橋 重嘉
担当エリア:神奈川県西部・西東京
お客様へのメッセージ:皆さまの大切なお家=資産を、永く大切にお使いいただくためのお手伝いをさせて頂いております。住宅は見えないところで、劣化が進み寿命も短くなることも有ります。 皆さまの大切な住宅を、地域に密着したサービスでしっかりサポートさせて頂きます。どうぞ宜しくお願いいたします。


keisuke.jpg

田中 圭介
担当エリア:神奈川県
お客様へのメッセージ:雨漏れを未然に防ぐことが私たちの使命だと考えておりますので、一生懸命思いを伝えます。


 ■静岡県東部・中部地区

hashimoto.jpg

橋本 智之
担当エリア:静岡県中部
お客様へのメッセージ:大事な建物を守り、大切なご家族を守るお手伝いが出来れば幸いです。何でも聞いて下さい!

koheita.jpg

山本 康平汰
担当エリア:静岡県東部
お客様へのメッセージ:『建物を水の侵入から守る。』事を通して、安心してくらせる住まいを提案、提供させて頂きます。静岡東部の皆様、点検にお伺いした際は宜しくお願い致します。


 ■静岡県西部

tomomichi.jpg

渡邉 友道
担当エリア:静岡県西部
お客様へのメッセージ:家は財産です。綺麗に維持すると長持ちします。計画的にメンテナンス出来る様にご相談させて頂きます。

miyakoshi.jpg

宮越 俊介
担当エリア:静岡県西部
お客様へのメッセージ:お客様が分かりやすい説明を心掛けています!住宅メンテナンスについては何でも聞いてください!

yamayuu.jpg

山田 祐大
担当エリア:静岡県西部
お客様へのメッセージ:お客様へのメッセージ:お客様により良いご提案をさせて頂きます。住宅メンテナンスの事でしたらなんでもご相談下さい。


 ■愛知県東部

kuroyanagi.jpg

畔柳 直幸
担当エリア:三河地区(岡崎市とその周辺都市)
お客様へのメッセージ:下地処理からの丁寧な施工と保証を付け、 アフター点検でながーいお付き合いをさせて頂きます。

nakamura.jpg

中村 勇太
担当エリア:三河地区・名古屋市南部・知多半島
お客様へのメッセージ:お客様の家の適したメンテナンス方法は勿論、お客様の住まい方に寄り添った提案を行います。住宅のメンテナンス方法は物件によって違います。プロの目線 からアドバイスをさせて頂きます。宜しくお願い致します。


 ■愛知県西部・岐阜県

kyohei.jpg

山田 京平
担当エリア:名古屋市西部・尾張西部・三重県
お客様へのメッセージ:雨漏りとシロアリの被害は、住宅にとって大きなダメージを与えてしまうことになりますので、私たち診断員が劣化箇所はもちろん、今後劣化の可能性がある箇所も、細かく丁寧にアドバイスを致します。

mukainakano.jpg

向中野 学
担当エリア:岐阜県中濃地区・西濃地区
お客様へのメッセ―ジ:皆様の大切なお家をしっかり点検しアドバイスさせて頂きます。

kuwabara.jpg

桑原 一寿
担当エリア:岐阜県西濃地区・愛知県一宮市・稲沢市・江南市・岩倉市・丹羽郡
お客様へのメッセージ:塗装工事の品質は工事後経過して、良し悪しに気づく事が多くあります。最良の品質の実践はもちろん、工事後のアフターメンテナンスまで責任を  持って担当させて頂きます。


最近のエントリー

過去の記事

コメント

トラックバック

スタッフブログ


株式会社アイジーコンサルティング(住宅メンテナンス・シロアリ防除・耐震・リフォーム・新築)

【浜松本社】
〒430-0906 静岡県浜松市中区住吉4-9-5 [MAP]
[電話] 053-473-8230 [FAX] 053-476-7474 [E-Mail] about@ig-consulting.co.jp
【営業所・ショールーム】
横浜支店 / 静岡店 / 沼津店 / 掛川店 / 磐田支店 / イオン浜松市野店 / 浜松支店
豊橋店 / 岡崎店 / 名古屋南店 / 名古屋支店 / 春日井店 / 岐阜支店

インスペクション / 住宅メンテナンス / 外壁 / シロアリ / 耐震