家の点検どこから?

こんにちは。静岡県西部地区住宅メンテナンス担当の渡邊です。

そろそろ梅雨入りの時期が気になる既設となってきました。住宅のメンテナンスをしていると雨の時期が気になります。

そうです、雨漏り対策です。

今時の家で雨漏り?と思われる方もいるのではないでしょうか。

しかし、現実的にはかなりあります。

でも、そのほとんどがメンテナンス時期を超え劣化してしまった思わぬちょっとした原因から起こっていたりします。

屋根や外壁、窓などの部分から拡がり屋根裏や壁の中に滴りいつの間にか構造部材なども腐朽させてしまう事もあります。

また、それが原因で白蟻の被害が拡大しているケースも見られます。

では、どうしたらよいか。

まずは、点検をしていく事から始めましょう。

どこを点検すればよいか。

ここで、まじまじ見る必要はありません。

どこか、気になる部分があるのであれば、あっさりプロに頼みましょう。

当社ホームページはこちらへ

ベランダ防水

こんにちは!アイジーコンサルティング沼津店山本です。

本日はベランダ防水に関して紹介させて頂きます。

IMGP7890.JPG

塗り替え前
築10年
FRP防水
表面剥離が見られます。

ベランダのひび割れは雨が侵入し、軒の水染みの(雨漏れ)の原因にもなってしまう
箇所です。
FRPは船の底にも使われる位耐久性は強いですが、やはり紫外線で劣化してしまいます。
一般的には10年に1度のメンテナンスが必要です。

防水4トップコート.JPG

これは塗り替え中
仕上げのトップコートを塗っています。

防水5完成後.JPG

仕上がりは光沢が出ており、かなり綺麗でした。
以前の剥離も解消され、防水性もあがっています。

経年劣化により雨漏れに繋がってしまう部分は外壁材だけではありません。
屋根やこの様なベランダ部分の診断時は点検させて頂きメンテナンスの
アドバイスをさせて頂きます。

金属配管

こんにちは。静岡店 橋本です。

梅雨です。当然ですが、雨、多いです。

調査にお伺いする際、「雨だと中止?」とよく言われます。

確かに外周りの点検はしにくいですが、雨の方が雨漏りは見やすいです。

一長一短があるものです。

さて、今日は「配管」についてです。

まったくの私基準ですが・・

最近、配管からの漏水トラブルが多い気がしています。

先日も、床下に潜ると

IMG_7112.JPG

既に水溜り状態です

IMG_7126.JPG

給湯管のジョイントから漏水していました。

原因は、「金属配管の劣化」 です。

こちらの配管も「銅管」でした。

金属配管の劣化の要因・原因には、

異種金属との接触、水道水使用又は井戸水使用、使用状況、環境、地域、設置状況・・・

などなど、さまざまな原因がありますが、

そもそも、金属配管を主に使用している時期(築後約20年以上)から数えても、配管の寿命に近くなっているのです。

最近は、「樹脂製」が主流。金属管でも樹脂などで保護被覆されたものがほぼ使用されています。

06.JPG

水道代など急に上がったことはないか

量水器などでメーターが回ってないか

家の周りで常に湿っているようなところはないか

ご自分でもチェックしてみて下さい。

長らく専門に見てもらったことが無い方。

建物の状況も併せて、一度チェックしてもらう事をお勧めします。

こんにちは。

アイジーコンサルティング田中です。

梅雨っぽくなってきました!

昨年の梅雨は2週間くらいですぐ終わってしまったという記憶がありますが、

今年はどうなるでしょうか。

夏が待ち遠しいですね。


本日は、紫外線の当たり方での劣化の差を見て頂きたいです。

築年数は5年、日当たり良好な場所にあるお宅です。

まずこちら

IMG_7020.JPG

北側のシーリングです。

まだまだきれいですね。

そしてこちら

IMG_7025.JPG

南側のシーリングです。

表面のひび割れが出てきています。

このように、同じ材料、同じ日に施工したものでも、

紫外線の当たり方で劣化の出方は変わります。

メンテナンスの時期をどちらに合わせればいいかと言うと・・・

皆さんお分かりの通り、劣化が早い方です。

一度ご自宅の外壁診断、してみませんか?

アイジーコンサルティング 塗装

で検索!!

クリヤ―塗装5年後

こんにちは、本日担当します横浜支店の村橋です。

今日は昨日は雨が多く降り、しかし蒸し暑かったですね、皆さま体調に十分注意してください。

本日は、昨日5年前に屋根外壁塗装を実施いたしましたお客様のお家の5年目に、合わせて行いました、

シロアリの5年目保証満了点検と一緒に外装の確認も行いました。

IMG_6013.JPG

屋根はセメント瓦で、無機ハイブリット塗料を使用し塗装を行い

外壁は窯業系サイディングボードで、デザインサイディングの為、同じく無機ハイブリットのクリヤ―塗料を

使用し塗装を行いました。

期待耐用年数も15年以上の高耐久性塗料で、5年後の現在も塗装した時と変わらぬ光沢がみられ

雨もしっかり弾いています。

IMG_6016.JPG

サイディングの継ぎ目のシーリングも問題ありませんでした。

IMG_6021.JPG

クリヤ―塗装は、デザインサイディングの意匠性はそのままに、防水性を高め、色もやや深みが出て

落ち着いた光沢がでて、窯業系サイディングのタイル調の質感がより高まります。

デザインサイディングには、この高耐久性塗料(無機ハイブリットクリヤ―塗料)がおすすめです!

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

 ■関東地区

syun.jpg

渡邉 俊
担当エリア:埼玉県・千葉県
お客様へのメッセージ:大切なお家を維持していく為に、精一杯お手伝いをさせて頂きます。住宅の外装メンテナンスはお任せください!!

murahsai.jpg

村橋 重嘉
担当エリア:神奈川県西部・西東京
お客様へのメッセージ:皆さまの大切なお家=資産を、永く大切にお使いいただくためのお手伝いをさせて頂いております。住宅は見えないところで、劣化が進み寿命も短くなることも有ります。 皆さまの大切な住宅を、地域に密着したサービスでしっかりサポートさせて頂きます。どうぞ宜しくお願いいたします。

keisuke.jpg

田中 圭介
担当エリア:神奈川県
お客様へのメッセージ:雨漏れを未然に防ぐことが私たちの使命だと考えておりますので、一生懸命思いを伝えます。


 ■静岡県東部・中部地区

hashimoto.jpg

橋本 智之
担当エリア:静岡県中部
お客様へのメッセージ:大事な建物を守り、大切なご家族を守るお手伝いが出来れば幸いです。何でも聞いて下さい!

koheita.jpg

山本 康平汰
担当エリア:静岡県東部
お客様へのメッセージ:『建物を水の侵入から守る。』事を通して、安心してくらせる住まいを提案、提供させて頂きます。静岡東部の皆様、点検にお伺いした際は宜しくお願い致します。


 ■静岡県西部

tomomichi.jpg

渡邉 友道
担当エリア:静岡県西部
お客様へのメッセージ:家は財産です。綺麗に維持すると長持ちします。計画的にメンテナンス出来る様にご相談させて頂きます。

yamayuu.jpg

山田 祐大
担当エリア:静岡県西部
お客様へのメッセージ:お客様へのメッセージ:お客様により良いご提案をさせて頂きます。住宅メンテナンスの事でしたらなんでもご相談下さい。

okamoto.jpg

岡本 克彦
担当エリア:静岡県西部
お客様へのメッセージ:人の健康と同じく、住宅も悪くなる前に適切なメンテナンスを行うことで健全な状態を維持できます。私たち点検員がホームドクターとしてお客様のお住まいを診断し、アドバイスをいたしますのでご安心ください!


 ■愛知県東部

kuroyanagi.jpg

畔柳 直幸
担当エリア:三河地区(岡崎市とその周辺都市)
お客様へのメッセージ:下地処理からの丁寧な施工と保証を付け、 アフター点検でながーいお付き合いをさせて頂きます。


 ■愛知県西部・岐阜県

kyohei.jpg

山田 京平
担当エリア:名古屋市西部・尾張西部・三重県
お客様へのメッセージ:雨漏りとシロアリの被害は、住宅にとって大きなダメージを与えてしまうことになりますので、私たち診断員が劣化箇所はもちろん、今後劣化の可能性がある箇所も、細かく丁寧にアドバイスを致します。

kuwabara.jpg

桑原 一寿
担当エリア:岐阜県西濃地区・愛知県一宮市・稲沢市・江南市・岩倉市・丹羽郡
お客様へのメッセージ:塗装工事の品質は工事後経過して、良し悪しに気づく事が多くあります。最良の品質の実践はもちろん、工事後のアフターメンテナンスまで責任を  持って担当させて頂きます。


最近のエントリー

過去の記事

コメント

トラックバック

スタッフブログ