ALCのメンテナンス

こんにちは。

尾張、岐阜地区担当の桑原です。

さて、こちらの写真を見て下さい。

DSCN8856.JPG

ALC(軽量気泡コンクリート)と呼ばれる外壁材です。
特徴としては、耐火性と断熱性に優れている材料となります。

しかし、コンクリートは水を吸います。

また、写真でもわかるように、ALCの中には、 鉄製の網が入っています。

想像してみて下さい。ALCか水を吸い、水が鉄製の網に触れると

どうなるでしょうか?

答えは酸化して錆びます。

鉄が錆びると体積膨張を起こすので、ALCの中で膨らみます。

ALCはコンクリートです。固い物質になります。膨張した力は逃げ道がありませんか
ら、ALCの割れに繋がっていきます。

外壁材が割れてしまったら張り替えをしなければいけない場合もあります。

ALCを長く持たせるためには、水を吸わないようにすることが大切です。

定期的な外壁塗装が重要になってきます。

外壁は汚れたから塗るという意味もありますが、水から家を守るために塗るという
意味が強いのです。

クリア塗装

こんにちは☆

岐阜県西濃・中濃地区担当の

【岐阜支店 向中野】です。

先週から学校は夏休みに入ったのではないでしょうか??
もう何十年も前の話ですが、ワクワクの時期だったのを思い出します。
ただ宿題もたくさんあったので大変な時期でもありますね。

皆さんは、先に宿題やってしまっていた派ですか??
先延ばしにして後で苦労した派ですか??

なんでもそうですが、大変なんですが地道にやっていた方が結果的に楽ですよね。
先延ばしにしていい事はあまりないですよね・・・・



さて、住宅においても先延ばしにする事が、いい事ではない事があります。

それは、メンテナンス
です。

メンテナンスと一くくりに言っても様々な事があります。

外壁塗装だったり、シロアリ防除だったり、クロスの補修だったりと。

各部、メンテナンスに適した時期があります。

外壁だと、10年目くらいが再塗装の目安になります。
シロアリ防除だと、5年が再防除の目安になります。


ちゃんとやっていれば後々大きな問題にはなってくる事は少ないです。

外壁も15年とかほったらかしにしていると・・・・

※ひび割れたり
sai1.jpg

※欠けたり
IMG_3570.JPG

補修に時間や費用を費やす事になる可能性もあります。
やはりそうなる前に、しっかりメンテナンスが必要です。

RIMG2695_400.jpg
写真のように、一見劣化していないように見えますが、
良く見ると微細なひび割れだったり色褪せを起こしつつあります。

また、「塗装をすると外壁のイメージが変わってしまうのが・・・」

という方には、早めのクリア塗装をお勧めします。

RIMG4642.JPG

見た目は大幅に変化はしませんが、
外壁に光沢が出ます。そしてきちんと塗膜で保護されています。

細かい箇所が大事

こんばんは。
愛知県西部・三重県を担当しています
名古屋支店の山田京平です。


暑くなり、
屋根・外壁診断を実施するのも大変になってきました!!!
5分外で作業するだけで、汗ビショビショです。


診断する前にお客様から聞く言葉が、

「まだ私の家はきれいだから問題ないと思うよう」

と、いう言葉です。


実際、遠目から見れば確かにきれいなお家もあります。
ただ、そんなお家でも10年を経過している方には必ず私たちは
診断を推奨しています。

なぜなら・・・


IMG_0196.JPG

外壁材が割れている。
遠目からでは分かりませんでした。


IMG_0207.JPG

壁内にダクトを通す箇所に隙間ができていました。
遠目からでは分かりませんでした。

IMG_0209.JPG

壁内にダクトを通す箇所に隙間ができていました。
遠目からでは分かりませんでした。


こういった、細かな劣化が必ずどこでもあるからです!!!
私たち専門家でも、しっかり確認をしないと
見落としてしまうことがあります。

なので、
お時間はいただいてしまいますが、
ご自宅のために、必ず診断を推奨しています。

■当社HPはこちらからご覧ください■
common10-66230-thumbnail2.gif

■メンテナンス事業部のHPはこちらから■
img_main05.jpg

■塗装工事について詳しくはこちらから■
外壁塗装.jpg

塗装業者の選び方

こんばんは名古屋南店の柴田です。

本日伺った東海市のお客様でこんな事をおっしゃっていました。
お隣が外壁塗装工事をしており、工事の挨拶がてら、『そろそろ塗る時期ですね。安くしますよ

と言われた。

どこの業者かわからないところではやりたくないし、塗装業者の選び方もわからない

とおっしゃていました。以前もブログで紹介いたしましたが、改めて良い業者の選び方をお話し致します。


結論から申し上げますと金額だけで選ばない方が良いと思います。

気をつけた方が良い業者
・大幅な値引きをする。
・塗膜の保証がない。
・建物にあった塗料の選定をしない。
・お客様の予算や状況による塗料の提案をしない。
・見積もり内容の説明がない。
・職人さんの質(くわえタバコで仕事をする、挨拶がない)
・工事の写真がない。

などなどです。

ポイントは「誰が」「何を使って」「どのような工事をするか」「保証のあるなし」を比べてください。

我々の会社IGコンサルティングはというと
「誰が」
・自社職人の桐山かもしくは協力業者が施工をします。
我々は、職人さんを下請けという言葉は使いません。
協力業者と呼んでいます。
それは、一つの現場を完成させるのに職人さんの力(協力)がないとできないからです。

「何を使って」
我々はお客様の状況や建物にあった塗料の選定し提案します。
そのためには、まずは建物の状況をしっかりと点検をし把握することが大事で、また、お客様にも建物の状況を知ってもらうことが大事です。

「どのような工事をするか?」
診断の写真を使って、見積もりにそって工事内容を説明します。また、どのような工事を行っているか写真も撮ります。また、塗装が出来る場所は全て塗装を行います。

こんな業者の例があります。

縁切りを行っていない。またタスペーサーをかませずに施工をする。
IMGP7311.JPG

※縁切りをしないと・・・詳しくはWEBへ(ユーチューブ)で検索してみてください。
検索キーワードはこちら⇒屋根塗装縁切り部材タスペーサー 
釘が浮いたまま塗装をする。
IMGP7308.JPG

サイディングであればシーリング材の部分が大抵あります。そのためサイディングのつなぎ目部分は打ち替え作業が必要です。

(価格が安い業者を選ばれると既存のシーリングの上からそのままシーリングを打つ業者もいます。そのためシーリングに十分な厚みができないためすぐにひび割れを起こしてしまう危険性があります。)

弊社のシーリング工事については、こちらをクリック→http://ig-minami.seesaa.net/article/436778741.html

「保証のあるなし」
弊社は塗膜保証が付きます。塗膜保証が出せるということは行った工事に対して、自信がある証拠につながります。


なので塗装工事は金額だけで判断をしない方が良いです。

台風の準備は?

私は
住宅メンテナンス診断士・屋根外壁診断員・
雨漏れ診断士として
愛知県西三河地方(岡崎市とその周辺)で
お世話になっております。

昨日は、安城市N様・西尾市H様

点検でお世話になりました。

「有難うございます」


さて

おとといですが岡崎・豊川店合同で

西尾市吉良町にレクリエーションとして「潮干狩り」

に行ってまいりました。

シーズン終盤なので集荷は少なく、写真もお見せできませんが

思いっきりリフレッシュは出来ました。

「皆様のおかげです!!」

梅雨明けしまして、

次はいよいよ台風シーズンです。
屋根の状況が気になる所ですね。

建物の屋根と言えば現在でも

圧倒的に「陶器瓦」が多いのですが

平成に入り屋根に土葺きをする工法が

減ってまいりました。

それに代わっての工法が引掛け桟瓦葺き工法です。

いづれの工法もそれぞれ長所短所がございますので

絶対に「どちらがいい」というのはありません。

メンテナンスとしてはいずれにしても隙間に施工されている

詰め物はチェックしながらメンテナンスしないといけません。

他にも普段見えない「大屋根」などは飛ばされ易いので

気を付けたいものです。


以下

過去の劣化事例をいくつかご案内します。


CIMG0378.JPG

のし瓦 破損


CIMG0379.JPG

谷樋  ひら瓦のずれ、漆喰脱落


CIMG0380.JPG

面戸漆喰にコケ繁殖


P1020662.JPG

漆喰の脱落が大きく内部の葺き土もさらわれています。

雨漏れしているお住まいです


CIMG0387.JPG

鬼瓦の裏の「鬼首」と言われる部分

簡単に手で外せるほどまで劣化しており

下部には苔が生えているのも確認できると

思います。

屋根に施工する「漆喰」は

壁漆喰を施工する業者が多いのですが

本当は南蛮漆喰

正道だということくらいは憶えていてください。

触ればわかります。

アイジーコンサルティングのホームページはこちら

IG.gif



外壁診断員のブログはこちらへ
診断のススメ.bmp

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

プロフィール

 ■関東地区

syun.jpg

渡邉 俊
担当エリア:埼玉県・千葉県
お客様へのメッセージ:大切なお家を維持していく為に、精一杯お手伝いをさせて頂きます。住宅の外装メンテナンスはお任せください!!

shigeta.jpg

重田 波宏
担当エリア:神奈川県
お客様へのメッセージ:趣味は釣りです。茅ケ崎の海岸でルアー釣りを楽しんでいます。一児の父です。職人、現場監督、診断士、一丸となって、徹底したこだわりの塗装を行っており ます。最新の特殊塗料の施工から、シリコン塗料まで、最適な提案と完全な施工を行います。よろしくお願いします。

murahsai.jpg

村橋 重嘉
担当エリア:神奈川県西部・西東京
お客様へのメッセージ:皆さまの大切なお家=資産を、永く大切にお使いいただくためのお手伝いをさせて頂いております。住宅は見えないところで、劣化が進み寿命も短くなることも有ります。 皆さまの大切な住宅を、地域に密着したサービスでしっかりサポートさせて頂きます。どうぞ宜しくお願いいたします。


keisuke.jpg

田中 圭介
担当エリア:神奈川県
お客様へのメッセージ:雨漏れを未然に防ぐことが私たちの使命だと考えておりますので、一生懸命思いを伝えます。


 ■静岡県東部・中部地区

hashimoto.jpg

橋本 智之
担当エリア:静岡県中部
お客様へのメッセージ:大事な建物を守り、大切なご家族を守るお手伝いが出来れば幸いです。何でも聞いて下さい!

koheita.jpg

山本 康平汰
担当エリア:静岡県東部
お客様へのメッセージ:『建物を水の侵入から守る。』事を通して、安心してくらせる住まいを提案、提供させて頂きます。静岡東部の皆様、点検にお伺いした際は宜しくお願い致します。


 ■静岡県西部

tomomichi.jpg

渡邉 友道
担当エリア:静岡県西部
お客様へのメッセージ:家は財産です。綺麗に維持すると長持ちします。計画的にメンテナンス出来る様にご相談させて頂きます。

miyakoshi.jpg

宮越 俊介
担当エリア:静岡県西部
お客様へのメッセージ:お客様が分かりやすい説明を心掛けています!住宅メンテナンスについては何でも聞いてください!


 ■愛知県東部

kuroyanagi.jpg

畔柳 直幸
担当エリア:三河地区(岡崎市とその周辺都市)
お客様へのメッセージ:下地処理からの丁寧な施工と保証を付け、 アフター点検でながーいお付き合いをさせて頂きます。

shibata.jpg

柴田 弘
担当エリア:三河地区・名古屋市南部・知多半島
お客様へのメッセージ:お客様にあったベストなメンテナンス方法を提案致します。


 ■愛知県西部・岐阜県

kyohei.jpg

山田 京平
担当エリア:名古屋市西部・尾張西部・三重県
お客様へのメッセージ:雨漏りとシロアリの被害は、住宅にとって大きなダメージを与えてしまうことになりますので、私たち診断員が劣化箇所はもちろん、今後劣化の可能性がある箇所も、細かく丁寧にアドバイスを致します。

mukainakano.jpg

向中野 学
担当エリア:岐阜県中濃地区・西濃地区
お客様へのメッセ―ジ:皆様の大切なお家をしっかり点検しアドバイスさせて頂きます。

kuwabara.jpg

桑原 一寿
担当エリア:岐阜県西濃地区・愛知県一宮市・稲沢市・江南市・岩倉市・丹羽郡
お客様へのメッセージ:塗装工事の品質は工事後経過して、良し悪しに気づく事が多くあります。最良の品質の実践はもちろん、工事後のアフターメンテナンスまで責任を  持って担当させて頂きます。


最近のエントリー

過去の記事

コメント

トラックバック

スタッフブログ


株式会社アイジーコンサルティング(住宅メンテナンス・シロアリ防除・耐震・リフォーム・新築)

【浜松本社】
〒430-0906 静岡県浜松市中区住吉4-9-5 [MAP]
[電話] 053-473-8230 [FAX] 053-476-7474 [E-Mail] about@ig-consulting.co.jp
【営業所・ショールーム】
横浜支店 / 静岡店 / 沼津店 / 掛川店 / 磐田支店 / イオン浜松市野店 / 浜松支店
豊橋店 / 岡崎店 / 名古屋南店 / 名古屋支店 / 春日井店 / 岐阜支店

インスペクション / 住宅メンテナンス / 外壁 / シロアリ / 耐震