ブドウスカシクロバ(幼虫)の対処方法

こんにちは。アフターサービス課の西山です。

今回は、なんと、とあるお客様のご協力とご依頼で紹介する虫です!

その名も【ブドウスカシクロバ】の幼虫です!

ちなみに、今回の写真はお客様からのご提供です!ありがとうございます!(撮影当時は名前が分からず毛虫で撮影)

①有害性:野菜や植物の葉(特にブドウ)に対する食害、触ることによるかぶれ、痒みなど。

②発生要因:野菜、植物、特にブドウに寄生。

③対策:農薬使用、摘み取り。

写真 2021-06-12 11 31 35.jpg

①有害性:野菜や植物の葉(特にブドウ)に対する食害、触ることによるかぶれ、痒みなど。

有害性としては、葉を食べられる有害性が特に上げられます。対処しないと枯れる可能性もあるため、対処は必要です。

ただ、よく見る他の毛虫同様、毛には毒があるため、肌に触れると痒みやかぶれが起こる可能性があり、素手での除去はしないようにしましょう。

②発生要因:野菜、植物、特にブドウに寄生。

【ブドウスカシクロバ】という名前の通り、主にブドウに寄生します。

ブドウ農家やブドウをご家庭で育てている方は身近に見る害虫かもしれません。

③対策:農薬使用、摘み取り。

対策としては、地道に摘み取りを行うか、農薬を使用するかになります。

調べる限り、明確な予防方法も難しく、駆除同様に農薬で予防するか、成虫を見かけた時点で卵を探して駆除するなどしかないと考えられます。

摘み取りを行う際は、毛を貫通しないような手袋を装着するか、ピンセットなどで摘み取りを行い、毛が肌に触れないようにしましょう。

ブドウを育てている方々にとっては、最悪の害虫ですね。ちなみに、似た名前の虫で【ブドウスカシバ】という虫もいますが、こいつも害虫です。【ブドウスカシバ】の幼虫はブドウの枝の中に寄生するので、【ブドウスカシクロバ】と合わせて要注意です!

薬剤を使わないで対策をするとなると、地道に摘み取るしかないので、大変ではあると思いますが、ご自宅でブドウを育てている方々は虫なんかに負けずに美味しいブドウを育てましょう!!

それでは、また来週!

▼▼▼当社のHPはこちら▼▼▼

メンテナンス.JPG

等間隔で進む姿の虫ってなーんだ?

こんにちは。アフターサービス課の菅です。

今回紹介する虫はこちら!

写真 2021-06-14 12 41 05.jpg

世界的に有名なシャクトリムシです!なんと2万種もいるそうです、、、

周辺環境にあわせ各々進化を遂げた結果だそうです。適応能力が高い虫なのですね!

害虫扱いされることは少ない虫なのですがヨモギエダシャクという種は人間が栽培する野菜から果物まで、あらゆる葉っぱにかじりついて被害をもたらしています。

特に果物の樹木が食害されやすいという報告があります。農家の方からすると大迷惑ですよね、、

そうなると駆除するしかありません!

もっとも確実な方法は各種の乳剤などの農薬を散布することです。農薬の種類は、付着して脱皮を阻害するものや筋肉の動きを悪くするものなど様々です。

見た目の気持ち悪さとは裏腹に以外にかわいいという意見もあるシャクトリムシ、どこにでも分布する虫なのでぜひ探してみてはいかがでしょうか!

それでは今回はこのへんで!次回もお楽しみに!

▼▼▼当社のHPはこちら▼▼▼

メンテナンス.JPG

小さい

こんにちは。アフターサービス課の神田です。

暑く、じめじめ感が出てきましたが、

いかがお過ごしでしょうか。

今日は、偶然見つけたこいつをご紹介します。

IMG_8286.JPG

ムカデですね。

小さすぎて、種類まではわかりませんでした。

かまれると腫れができたり、いいことはありません。

サイズが大きい個体には薬局等で売っている駆除薬剤で撃退しましょう。

夏に近づくと、様々な害虫が現れます。

気を付けていきましょう。

ではまた!

▼▼▼当社のHPはこちら▼▼▼

メンテナンス.JPG

こんにちは。アフターサービス課の奥川です。

本日紹介するのはこちらの

写真 2021-06-09 10 51 00.jpg

イエシロアリです。

ヤマトシロアリなどと同様に枯れ木や朽木を食害します、一群の個体数は最大で100万になります。

個体数が多いため食害スピードが他のシロアリと比べ早いです。

尚、食害範囲が大きく時には100m離れた場所にまで被害が広がることがあります。

群飛時期が6月から7月なので今がイエシロアリのシーズンになります。

沿岸部に生息するシロアリになる為沿岸部に住んでいる方は注意しましょう。

▼▼▼当社のHPはこちら▼▼▼

メンテナンス.JPG

ブンブンブン≪働き蜂編≫

こんにちは。アフターサービス課の小磯です。

今回は前回の予告通りの《働きアリ編》になります。 の IMG_6519.JPG

働き蜂は群れが必要とするほとんどの仕事をします。 仕事の内容は成虫になってからの日数で決まります。 そこで成虫になってからの日数での仕事についてご紹介します。

羽化~5日後・・・掃除⇒巣の掃除をします。それか休んでいる、、 3日~12日・・・花粉を食べてミルクを分泌できる様になりと成虫の世話を行います。 8日~16日・・・巣を作ります。蛹になる直前の幼虫の巣に蓋をします。 12日~18日・・・ほかの働き蜂が集めてきたはちみつを受け取り巣に蓄えていきます。 16日~24日・・・巣の門番をします。 20日~ ・・・蜜や花粉を集めに行ったり、水を集めてきます。

と様々な仕事を分担して行っているんですね! 蜜を集めているのが一般的なイメージですが生態を知ると面白いですね。

今後も色々な虫を紹介していきますのでよろしくお願いいたします!

▼▼▼当社のHPはこちら▼▼▼

メンテナンス.JPG

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

プロフィール

pho_profile_001__kanda.jpg

【月曜日】
神田 佳祐
所属店舗:東京西店
お客様へのメッセージ:東京西店所属、アフターサービス課の神田佳祐と申します。お客様の大切な住宅をお守りすべく、日々精進しております。ブログを通して皆様に少しでも弊社を知ってもらえるように頑張ります!

pho_profile_001_ishino.jpg

【火曜日】
石野 伸太郎
所属店舗:名古屋支店
お客様へのメッセージ:はじめまして。アフターサービス課、名古屋支店の石野です。お客様が安心して暮らせるように日々尽力しています。このブログを通じて皆様に楽しんでいただけるような投稿ができると思いますのでご期待ください!

pho_profile_009_suga.jpg

【水曜日】
菅 貴彰
所属店舗:横浜支店
お客様へのメッセージ:横浜支店アフターサービス課の菅です。お客様、工務店様に役立つ情報を発信していきます!好きな虫はカブトムシです。よろしくお願いいたします!

pho_profile_008_okamura.jpg

【木曜日】
岡村 貴充
所属店舗:大宮店
お客様へのメッセージ:入社して早1年が経ちました。正直、虫は苦手です・・・(笑)。日々虫と格闘しておりますが点検や施工でお伺いした際には明るく、元気よく対応します。お伺い出来る事を楽しみにしておりますのでよろしくお願い致します。

pho_profile_005_nishiyama.jpg

【金曜日】
西山 徳二
所属店舗:春日井店
お客様へのメッセージ:金曜日配信担当、春日井店の西山です。多くの方にとって虫に関するブログを見るのは嫌煙されるかもしれません。ですが!お家で虫が出た時の対処方法や有害?無害?のなどの疑問に参考にしていただければと思います。

pho_profile_010_koiso.jpg

【土曜日】
小磯 直哉
所属店舗:沼津店
お客様へのメッセージ:土曜日担当になりました。沼津店 小磯直哉と申します。お客様にとって為になる情報、毎週土曜日のブログを楽しみにして頂けるような内容にしていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

pho_profile_011_okugawa.png

【日曜日】
奥川 創代
所属店舗:掛川店
お客様へのメッセージ:日曜日担当の、奥川創代と申します。普段はお客様の大切な お家を守るために施工に取り組んでいます。 お客様のためになるブログができたらいいと思っております。

最近のエントリー

過去の記事

コメント

トラックバック

スタッフブログ