熱中症にはご注意を

こんにちは!

連日暑い日が続きますね。同じくらい、熱いオリンピックが開催されていますね!

普段見ない競技をテレビで見ることが出来るので、家に帰ると延々オリンピックを見ています。

沼津店 飯田です。

このブログでは、お家のことを色々と紹介していますがこの一週間くらいは屋根の記事が多いですね。

私共は、高所点検出来る装置を用いて屋根まで見る事もあるので、気になる点があればご相談下さい。

私からは、こちら。

ヒビ.jpg

こういった材質の壁だと、遠くからでは中々気づきにくいクラックです。

すぐに雨漏りという可能性は低いですが、放置をしてしまうと大変な事に繋がりかねません。

適切なタイミングで、塗装工事をすることが大切となります。

人の体も、家も日々のケアが大切と思う、今日この頃です。

窯業系サイデングの弱点

こんにち。静岡県西部地区の住宅メンテナンス担当の渡邊です。

オリンピックを見ていると、アスリートは本当に厳しい状況下で調整をして結果につなげている事が分かります。全力で戦っている人は美しいですね。

さて、今日は窯業系サイデングの弱点についてです。

最近の住宅では一番多く使われているこの窯業系サイデングは、防火性もあり、加工もしやすい為デザイン性を再現しやすいものとなっています。最近では、工場で表面に塗装を施してある為、新築時などに施工していくとあっという間に家が出来上がりが近くなった様に見えます。

しかし、この窯業系サイデングには明らかな弱点があります。それは、『湿気』です。

外壁材に使われているものなのにまさかと思いますが、素材からすると不思議ではありません。素材はセメント成分が80%と木質繊維が20%で高温で圧縮成形されている物だからです。正確にはその表面を塗装で撥水しているだけなのです。

つまり、裏面壁内部に雨漏りなどで湿気が溜まった場合には、湿気を吸ってどんどん強度が落ちる事と同時に表面から太陽の熱が加わるともろくも崩れます。

窯業系サイデング劣化.jpg

(たまに窯業系サイデングで花壇の枠などを作られているお宅もありますが、短い期間で簡単にボロボロになってしまっています。)

その為これを防ぐ方法として、雨漏りをさせない事と外壁塗装メンテナンスという事が大切という事がわかります。

当社ホームページはこちらへ

スレート瓦のメンテナンスについて

こんにちは、沼津店の湯原です。

暑い日が続きますね。

今回私からはスレート瓦についてお話ししたいと思います。

スレート瓦とは、日本瓦やセメント瓦と比べ圧倒的に軽量だという所が長所の屋根材になります。

ただ定期的にメンテナンスが必要にもなってきます。

外壁材でよく使われるサイディングボードと素材は同じでセメントとパルプ材(繊維)で作られている為

メンテナンスを怠ると、防水切れに始まり、反りや割れの原因になります。

654687C0-4586-4E1E-9640-F2AE8FAD62A7.JPG

家は年数とともに劣化していってしまいます。メンテナンスが遅れればより高い修繕費用が必要になってきてしまいますので

皆様大事なお家の為にしっかりメンテナンスをしてあげてください。

外装劣化診断

こんにちは、本日担当いたします横浜支店の村橋です。

本日は、先日行いました築10年のお家の外装劣化診断のご報告をいたします。

1122.JPG

屋根はスレート瓦と呼ばれます、厚さ4.5mmセメント85%、パルプなどの木質繊維15%を高温圧縮成形して

つくられており、セメント主成分ですので基材自体には防水性能はなく、製造過程で表面に樹脂系の塗装を施し

屋根として雨をはじく防水性能を持たせています。

しかし、その表面塗膜も紫外線により経年劣化で防水性能は低下し、基材に雨水が浸透しはじめますと、反り、浮き、割れ

などの機材破損の恐れが出てきて、雨漏れの原因にもつながる可能性があります。

このようなスレート瓦は、高圧洗浄行い入念な下地処理後に、屋根塗装を行い防水性を蘇生するメンテナンスが必要です。

2233.JPG

3344.JPG

上の画像2枚は、外壁材の継ぎ目のシーリング材の劣化です。

こちらも、永年紫外線を受け続けることで、シーリング材の弾性をもたせるための可塑剤という添加材が

抜け、硬化し、地震台風などの振動・挙動などによりシーリング材がひび割れている状況です。

こちらからも雨水進入による雨漏れにつながる可能性もあり、壁内の構造材の腐朽劣化につながる可能性も

あり、木造住宅の寿命を大幅に短くする可能性もあり、早期のメンテナンスが必要です。

古いシーリング材は撤去し、プライマー(接着剤)を塗布、必要な養生時間を経てシールの新規打ち直しを

行い、防水性能を高める必要があります。シーリングは、材料継ぎ目の防水性と、サイディング同士のクッション材

の役目も果たしています。弊社では、通常のシーリング材(3~5年耐用年数)ではなく超高耐久性のシーリング

材(20~30年耐用年数)を標準仕様しております。

5566.JPG

外壁材は窯業系サイディングボードと呼ばれます、こちらもセメント80%、パルプなどの木質繊維20%の材料を使用しつくられて

いる外壁材で、築10年以上明安に表面塗膜の劣化による防水性低下、美観性低下により、外壁塗装ののメンテナンスが必要です。

大切なお家を永くお住まいいただくうえで、外装メンテナンスは重要です、皆さまのお家は大丈夫ですか?

定期的な点検を

こんにちは。大宮店太田です。

暑くなりましたね。そしてオリンピック熱いですね。

引き締めつつ盛り上がってバランス感覚を養いたいと思います。

51CFA5A8-BEDC-4E3F-A4F0-198E9FC3B999.jpeg

こちらは本日の一枚です。築5年ですが外壁に緑色の苔が発生しております。

日陰や湿気の多い場所で発生する事が多いです。

家の立地環境、周囲の環境によって状態や、劣化具合は様々です。

苔は特に発生しても問題がないものですが、外壁は様々な変化が起きますので、

家を永く健康で維持するために定期的な点検をお勧めします。

お気軽にお問い合わせください。

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

 ■関東地区

syun.jpg

渡邉 俊
担当エリア:埼玉県・千葉県
お客様へのメッセージ:大切なお家を維持していく為に、精一杯お手伝いをさせて頂きます。住宅の外装メンテナンスはお任せください!!

murahsai.jpg

村橋 重嘉
担当エリア:神奈川県西部・西東京
お客様へのメッセージ:皆さまの大切なお家=資産を、永く大切にお使いいただくためのお手伝いをさせて頂いております。住宅は見えないところで、劣化が進み寿命も短くなることも有ります。 皆さまの大切な住宅を、地域に密着したサービスでしっかりサポートさせて頂きます。どうぞ宜しくお願いいたします。

keisuke.jpg

田中 圭介
担当エリア:神奈川県
お客様へのメッセージ:雨漏れを未然に防ぐことが私たちの使命だと考えておりますので、一生懸命思いを伝えます。


 ■静岡県東部・中部地区

hashimoto.jpg

橋本 智之
担当エリア:静岡県中部
お客様へのメッセージ:大事な建物を守り、大切なご家族を守るお手伝いが出来れば幸いです。何でも聞いて下さい!

koheita.jpg

山本 康平汰
担当エリア:静岡県東部
お客様へのメッセージ:『建物を水の侵入から守る。』事を通して、安心してくらせる住まいを提案、提供させて頂きます。静岡東部の皆様、点検にお伺いした際は宜しくお願い致します。


 ■静岡県西部

tomomichi.jpg

渡邉 友道
担当エリア:静岡県西部
お客様へのメッセージ:家は財産です。綺麗に維持すると長持ちします。計画的にメンテナンス出来る様にご相談させて頂きます。

yamayuu.jpg

山田 祐大
担当エリア:静岡県西部
お客様へのメッセージ:お客様へのメッセージ:お客様により良いご提案をさせて頂きます。住宅メンテナンスの事でしたらなんでもご相談下さい。

okamoto.jpg

岡本 克彦
担当エリア:静岡県西部
お客様へのメッセージ:人の健康と同じく、住宅も悪くなる前に適切なメンテナンスを行うことで健全な状態を維持できます。私たち点検員がホームドクターとしてお客様のお住まいを診断し、アドバイスをいたしますのでご安心ください!


 ■愛知県西部・岐阜県

kyohei.jpg

山田 京平
担当エリア:名古屋市西部・尾張西部・三重県
お客様へのメッセージ:雨漏りとシロアリの被害は、住宅にとって大きなダメージを与えてしまうことになりますので、私たち診断員が劣化箇所はもちろん、今後劣化の可能性がある箇所も、細かく丁寧にアドバイスを致します。

kuwabara.jpg

桑原 一寿
担当エリア:岐阜県西濃地区・愛知県一宮市・稲沢市・江南市・岩倉市・丹羽郡
お客様へのメッセージ:塗装工事の品質は工事後経過して、良し悪しに気づく事が多くあります。最良の品質の実践はもちろん、工事後のアフターメンテナンスまで責任を  持って担当させて頂きます。


最近のエントリー

過去の記事

コメント

トラックバック

スタッフブログ