築10年劣化診断

こんにちは、本日担当します、横浜支店の村橋です。

インフルエンザ流行していますね、みなさんも感染に十分注意してくださいね。

本日は、先日行きました、築10年のお家の外装劣化診断の報告です。

101.JPG

屋根はスレー瓦と呼ばれます、厚さ4.5mmセメント85%パルイプなどの木質繊維15%を混合圧縮焼成してつくられている

屋根材です。表面は新築時にアクリルなどの樹脂系の塗料で塗装されて防水性能を持っておりますが、築年数経過しますと

表面塗膜が紫外線で劣化し、防水性が低下してきます。

画像の屋根材も新築時は黒色でしたが、グレーに退色してきています。今後保湿と乾燥を繰り返し、基材強度の低下ともない

地震台風などの建物の挙動なども影響し、反り浮き割れやひび割れの発生などのより、雨漏れの原因につながる場合もあります。

104.JPG

105.JPG

外壁材は窯業系サイディングボードで、こちらもセメント80%、木質繊維20%でできており、表面の樹脂塗装により防水性を

持たせています。しかし、こちらも紫外線により表面塗膜が経年劣化し、さわると塗装の色が手につくチョーキング現象がみられ

塗膜が劣化にともなう、防水性の低下が見られます。

こちらも放置しますと、今後、反り浮き割れなどによる雨漏れの原因にもつながります。

メンテナンスとしましては、屋根外壁の高圧洗浄、入念な下地より後の塗装が必要です。

103.JPG

外壁材のサイディング継ぎ目のシーリングも紫外線により可塑剤が抜け、経年劣化によりひび割れが発生しています。

撤去打ち替えが必要です。

築10年で外装材はさまざまな経年劣化が見られます、これらは雨漏れの現認ともなりますので、

放置せずメンテナンスをおすすめします。

皆さまのお家は大丈夫ですか?

外壁塗装

こんばんは!!

埼玉県内を中心に住宅メンテナンスのご提案をしています

渡邉です。

だいぶ寒くなり、先日は少し霙の様な雪も降りましたね・・・

そんな寒い中、私の担当をさせて頂いた物件の工事中の写真です。

外壁割れの部分の補修中の写真です。

クラック補修 (1).jpg

補修前

クラック補修 (2).jpg

補修中

この上からさらに塗装をかけて補修をしていき、

水が入らない様に処置をします。

細かな作業ですが、こういった細かな作業の積み重ねが重要です。

品質管理もさらに徹底しながら担当しますので、

外壁の事などで点検希望の方はぜひご相談ください。

FRP防水

こんにちは。

尾張・岐阜地区担当の桑原です。

さて本日のベランダ防水(FRP防水)についての紹介です。

こちらは今までにも何度か出てきているFRPの防水層です。

100.JPG

よく見てみると

101.JPG

まっすぐなクラックが入っていました。(の箇所です)

恐らくこの規則的なクラックは下地の板の揺れ(建物自体の挙動)に

表層の防水層が追随できずに切れてしまったものと思われます。

FRP防水は強度の面や形状を選ばずに施工できることなど、優れたポイントが

多いのですが、ゴムのように変形することはできません。

一度周辺を研磨し、下地をビス固定するなどしてから再度防水層を

やり直して対応したりします。

使われる材料にはそれぞれの性格があるんだと常々考えさせられます。

屋根も見ましょう!!

本日担当は、岡崎支店のクロヤナギです。

以前も公開しましたが、ようやく昨年9月の台風24号の

影響での各修繕工事に先が見えてまいりました。

提携業者が決まっておりますので、どこの業者でも

良いということではありません。

「後でトラブルにならないように」、技量のある

技能者しか提携しておらず「受け付け順」ということでの

対応となりますので、未だ未着工のお客様、どうかいま

しばらくのお待ちをお願い申し上げます。

今回は、外壁修繕の後、お客様から

「狭小地で屋根が見えないので、瓦が心配!!」と

声を掛けていただき、確認のため補助員をつけ

スライダー梯子で大屋根まで上がり撮影した写真です。

IMG_0443.JPG

こちらは東南の降り棟を撮影したところですが

下部方向の瓦が3枚ほど浮いているのがお判りでしょうか?

IMG_0445.JPG

拡大写真がこちらです。

1センチほど浮き上がっているのがお判りだと思います。

更に漆喰チェック!!

IMG_0446.JPG

劣化が進み、雨水を吸収して、そこにカビが発生しています。

築25年ですが、状況次第で修繕は必要になります。

瓦自体は交換の必要はありませんが、早めの確認で良かったです。

17日に、屋根職人が精査に伺い見積もりを提出します。

皆様も、人間同様に

「見えないところの定期チェック」

今のうちに行いましょう。

「あっという間の梅雨の季節となるかも。!?」

ありがとうございます。

トタンの塗膜

こんにちは!

浜松支店カスタマー課 岡本です!

松もあけましたが、今年もよろしくお願いします。

今日はトタンの外壁について。

IMG_2223.JPG

塗膜の劣化によりトタンに雨水がかかると、当然錆びてしまいます。

サビは放置すると穴があき、雨漏れにより柱などが腐ってしまいます。

錆つくまえに再塗装するのがよいので、塗膜にひび割れやチョーキングが

みられましたら、塗装のおすすめ時期になります。

お早めに!

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

 ■関東地区

syun.jpg

渡邉 俊
担当エリア:埼玉県・千葉県
お客様へのメッセージ:大切なお家を維持していく為に、精一杯お手伝いをさせて頂きます。住宅の外装メンテナンスはお任せください!!

murahsai.jpg

村橋 重嘉
担当エリア:神奈川県西部・西東京
お客様へのメッセージ:皆さまの大切なお家=資産を、永く大切にお使いいただくためのお手伝いをさせて頂いております。住宅は見えないところで、劣化が進み寿命も短くなることも有ります。 皆さまの大切な住宅を、地域に密着したサービスでしっかりサポートさせて頂きます。どうぞ宜しくお願いいたします。

keisuke.jpg

田中 圭介
担当エリア:神奈川県
お客様へのメッセージ:雨漏れを未然に防ぐことが私たちの使命だと考えておりますので、一生懸命思いを伝えます。


 ■静岡県東部・中部地区

hashimoto.jpg

橋本 智之
担当エリア:静岡県中部
お客様へのメッセージ:大事な建物を守り、大切なご家族を守るお手伝いが出来れば幸いです。何でも聞いて下さい!

koheita.jpg

山本 康平汰
担当エリア:静岡県東部
お客様へのメッセージ:『建物を水の侵入から守る。』事を通して、安心してくらせる住まいを提案、提供させて頂きます。静岡東部の皆様、点検にお伺いした際は宜しくお願い致します。


 ■静岡県西部

tomomichi.jpg

渡邉 友道
担当エリア:静岡県西部
お客様へのメッセージ:家は財産です。綺麗に維持すると長持ちします。計画的にメンテナンス出来る様にご相談させて頂きます。

yamayuu.jpg

山田 祐大
担当エリア:静岡県西部
お客様へのメッセージ:お客様へのメッセージ:お客様により良いご提案をさせて頂きます。住宅メンテナンスの事でしたらなんでもご相談下さい。

togashi.jpg

富樫 陽暉
担当エリア:静岡県西部
お客様へのメッセージ:お家を維持するうえで最良のご案内、そして理想・ご要望に近い御提案をできるように一生懸命頑張ります。よろしくお願い致します。

okamoto.jpg

岡本 克彦
担当エリア:静岡県西部
お客様へのメッセージ:人の健康と同じく、住宅も悪くなる前に適切なメンテナンスを行うことで健全な状態を維持できます。私たち点検員がホームドクターとしてお客様のお住まいを診断し、アドバイスをいたしますのでご安心ください!


 ■愛知県東部

kuroyanagi.jpg

畔柳 直幸
担当エリア:三河地区(岡崎市とその周辺都市)
お客様へのメッセージ:下地処理からの丁寧な施工と保証を付け、 アフター点検でながーいお付き合いをさせて頂きます。


 ■愛知県西部・岐阜県

kyohei.jpg

山田 京平
担当エリア:名古屋市西部・尾張西部・三重県
お客様へのメッセージ:雨漏りとシロアリの被害は、住宅にとって大きなダメージを与えてしまうことになりますので、私たち診断員が劣化箇所はもちろん、今後劣化の可能性がある箇所も、細かく丁寧にアドバイスを致します。

kuwabara.jpg

桑原 一寿
担当エリア:岐阜県西濃地区・愛知県一宮市・稲沢市・江南市・岩倉市・丹羽郡
お客様へのメッセージ:塗装工事の品質は工事後経過して、良し悪しに気づく事が多くあります。最良の品質の実践はもちろん、工事後のアフターメンテナンスまで責任を  持って担当させて頂きます。


最近のエントリー

過去の記事

コメント

トラックバック

スタッフブログ