弊社は明治32年の創業以来、事業を通じて社会に貢献するということを社是として掲げて参りました。
以来、「快適な住環境事業の創造を通じて社会と社員の生活向上に貢献する」を企業理念とし、永く安心して暮らせる住まい造りのためのさまざまな事業を展開しております。

日本の木造住宅の平均寿命は約30年といわれていて、他の先進国とは比べ物にならないほど短いのが現状です。日本の住生活レベルがなかなか向上しない理由の一つに、国民の住宅に対する価値観があるのではないかと思います。
欧米ではお爺ちゃんの建てた家を孫の世代が引き継いでいるということが一般的です。100年以上の長い年月をかけて住宅をメンテナンスしながら住み継いでいるのです。そして、長年にわたって住まいをしっかりとメンテナンスし続けてきた住宅のほうが、新築住宅よりも資産価値が高く評価される社会なのです。欧米では日本のように、毎世代ごとに住宅を新築し、住宅ローンを抱え、その返済のために必死に働くということはなく、社会的文化的な活動に参加したり投資したりできるような社会構造になっているのではないかと思います。

その一方で、日本では、住宅は新築時がもっとも資産価値が高く、年月を経ることに価値が低下していきます。不動産業界では20年もすれば木造住宅の資産価値はゼロになってしまうといわれています。こうした日本の住生活の現状をなんとか変えていきたいと考えています。
日本の高温多湿な気候風土の中で、木造住宅の大敵は「水」です。漏水や湿気が入り込むことによって、木が腐り、耐久性が著しく低下します。この「水」対策、「水」からの劣化を防ぐための定期的な点検とメンテナンスを施すことで、住宅寿命は2倍以上に延ばすことができると考えています。
これから少子高齢化社会を迎える日本は、世帯数が年々減少していきます。そのため、「新しくどんどん建築する」時代から「今ある住宅を活用する」時代へと大きく転換していきます。住宅減少時代には、日本でもしっかりと維持管理されメンテナンスが施された住宅は資産価値が高く評価されていきます。そのためにも、「水」から住宅を守るためのメンテナンスの重要性を広く訴えていきたいと思います。
そして、欧米社会のように、いい住宅を慈しみをもって手入れし、大切に住み継ぐことが文化的でありエコロジーでありお洒落であるというような価値観を、この日本社会に育んでいきたいと思います。

特に、地震大国日本に生きる私たちにとって、地震による恐怖や被害は後を絶ちません。阪神淡路大震災の教訓が活かされているとは到底思えず、地震によってかけがえの無い人命が失われる事を、天災であると諦めてしまっているのが現状です。本来地震そのものは災害ではなく、人間が作った建造物の倒壊によって尊い人命が失われているのです。まさに人災そのものであると考えられます。本来人が安心して暮らし、幸せを育む場である住まいによって、人命が失われると言う不幸を起こさしてはならないと思います。
今騒がれている東海大地震もいつ起こっても不思議では無い状況であります。一刻も早く、その対策に着手しなければなりません。一件でも多くの住宅の耐震性向上に注力し、大切な命と環境、そして住宅という財産をお守りし、安全安心快適な住環境の構築に寄与すべく、努力して参りたいと考えています。

住まい探しから住宅の新築、メンテナンス、リフォーム、耐震対策、等々、住まいのことはすべて一貫して弊社が対応できる体制を整えて参ります。「住環境価値創造企業」を合言葉に、創業以来百十余年にわたって培ってきた経験を活かして、これからも皆様のお役に立てる企業であり続けたいと思います。