3.11東日本大震災から4年

こんばんは。

先週末は春らしいポカポカ陽気だったかと思ったら、今日の名古屋は昼間から雪が。

IMG_1334.JPG

 

そして、夜、帰宅しようと思ったら。。。

IMG_1337.JPG

はい、雪かきをしてから帰りました。まさか3月になって、こんなに雪が降るとは。。。

明日・明後日とアイジーコンサルティング恒例の店舗合宿が浜松市であるのですが、雪が心配です。

 

さて、明日、3月11日は、東日本大震災が発生した日です。あれから4年。早いですね。

確か3年前のこの時期も、東北地方は冷え込んでおり、雪が降っていたよなぁ。。。
テレビで見る悲惨な風景、そんな中に降り注ぐ雪。

 

2011年3月11日14時46分 東日本大震災。

時が経てば風化され、人々の記憶から薄れていきます。
まだ被災地では、仮設住宅に住まわれている方、震災で亡くなった方々・失ったものを想い、まだ苦しみの中にいらっしゃる方もいることだと思います。

防災庁舎 南三陸.jpg
南三陸町 防災庁舎

 

アイジーコンサルティングでは、震災直後の2011年4月から7月、2012年3月・4月、2013年3月に
宮城県にボランティア派遣を実施しました。社員の約7割がボランティア活動に従事致しました。

DSCN9429.JPG syasinn 150.jpg

 

P1030627.JPG

 

 

「一人ひとりの力は小さくても、皆で行えば大きな力になる」

P1030665.JPG

 

被災地で目の当たりにした想像を絶する風景。
大切な人、家、物を失った方の悲しみ。
復興に向けて一歩ずつ進もうと笑顔を見せてくれた東北の方々の姿。

忘れることはありません。
ボランティア活動に参加したのは、ほんの数日。本当に微力です。

ボランティア活動を通じて、現地の方々からたくさんのメッセージをいただききました。


被災地の方々が仰っていたこと
・「東日本大震災」この事実を風化させないでください。
・「津波てんでんこ」の教え
 津波が来たら、取る物も取り敢えず肉親にも構わずに、各自てんでんばらばらに一人で高台へと逃げろ
 自分の命は自分で守れ(生きていれば、必ず逢えます)


復旧から復興へ。被災地は、震災のあの日から、一歩ずつ前進しています。

震災を風化させないために。当社ボランティアレポートを是非ご一読ください。
↓↓↓
ボランティアレポートはこちら
tit_volunteerTop01.jpg

離れていてもできること、震災を忘れないように発信していきます!